茨城県近代美術館

2月27日から第1回定例議会が始まります。

自民県政クラブでは、代表質問と一般質問の枠があり、今回飯田議員が代表質問に立つ予定になり、急遽私が一般質問をすることになりました。今週はそのための勉強会で連日県庁に通っています。昨日は午後から政策企画部と保健福祉部との勉強会でした。

勉強会まで時間があったので、久しぶりに近代美術館に寄ってきました。
茨城県近代美術館は昨年10月1日、開館30年を迎えました。同館は本県ゆかりの作家や西洋の美術などを収録し、これまで企画展と所蔵作品展を合わせて約500の展覧会を開催。来館者は延べ372万人に上るそうです。
昨日は1階の所蔵作品展では、13時30分からのミニガイドに参加させて頂きました。

昨年の、「ポ-ラ美術館コレクション モネ、ルノワ-ルからピカソまで」の開館30周年企画展はじめ、2月9日からは同館名品展「ザ・ベスト The Best Selection」が開催されます。

「美術館の全身時代より71年間を通じて収集してきたコレクション約4000点の中から、えりすぐりの名品約100点を一堂に展示されます。
水戸出身の横山大観が北茨城の五浦で完成させた代表作「流燈」をはじめ、牛久に暮らし水魅山妖を愛し描いた小川芋銭らの日本画、近代日本を代表する洋画家の中村つねや佐伯祐三らの油彩画、洋画家たちに影響を与えたモネやルノワ-ル等西洋の印象派絵画、他にも駒井哲郎らの版画コレクション、水彩画や彫刻の優品など、同館のオ-ルスタ-級の作品が勢ぞろいします。」

「ポ-ラ美術館コレクション」も素晴らしかったですが、近代美術館の至宝も是非楽しみたいと思います!

議会運営委員会

本日14時から、議会運営委員会が開催されました。

舘委員長、鈴木副委員長はじめ、いばらき自民党の葉梨委員、飯塚委員、森田委員、萩原委員、島田委員、県民フォ-ラムの斎藤委員、公明党の高崎委員と自民県政クラブのメンバ-です。

1、議会運営について
2、平成31年第1回定例会の会期日程について
3、平成31年第1回定例会の質問・質疑者の会派別順序について
4、その他
以上について審議されました。

第1回定例会は、2月27日から3月25日までの27日間で、代表質問は3月4,5日に、一般質問は6~11日になりました。
今回我会派では飯田議員が3月5日代表質問、私が3月11日一般質問に立つことになりました。

次回の議会運営委員会は、2月27日11時30分から開催予定です。
本日14時からグリ-ンパレス藤代で、「川口まさや後援会 新春の集い」を開催しました。

来賓の藤井取手市長、石井参議院議員、遠山前利根町長、安達選対本部長、斎藤JA茨城みなみ組合長、取手市議会議員の皆さん、利根町町会議員の皆さん、日中友好協会の広瀬会長、藤井市長の後援会開く会の若林会長、石井参議院議員の後援会章栄会の佐藤会長、JA茨城みなみ常勤監事剱持さんはじめ、後援会の皆さんに大勢お集まりいただき誠にありがとうございました。

お陰様で盛大に開催することができました。
皆さんから頂いた激励を受け止め、これからも頑張って参ります!
今後ともよろしくお願いします!
広報誌「まさやレポ-トNo32」を23日新聞に折り込みました。

表面には、新年の挨拶と今年の茨城県で開催される、G20サミット「茨城つくば 貿易・デジタル経済大臣会合」と「いきいき茨城ゆめ国体」と「障害者スポ-ツ大会」の件、さらに昨年策定された「茨城県総合計画」の件を取り上げました。

表面下段では、昨年10月29日から11月14日まで開催されました、第4回定例議会」の概要報告、「医療提供体制の充実強化」と「結婚・子育て環境の充実」、「宇宙ビジネスの創造」、「東海第二発電所の状況」を載せました。

裏面は、11月2日に一般質問した質問と執行部の答弁を掲載しました。
1、人口減少社会における地方創生の取り組みについて
 (1)人口減少が避けられないこれからの県の姿をどうのようにとらえているか?
   どのような姿を目標として地方創生に取り組んでいくのか?

 (2)安定した歳入の確保と歳出の用句性など、県財政の健全化にどのように取り組むか?

 (3)中小企業に安定的に人材確保できるよう、どのように支援を進めていくか?

 (4)子どもの貧困をどのように捉え、貧困の連鎖を止めるためにどのような支援を進めていくか?

 (5)幼児教育や保育の無償化が開始されるにあたり、いかに待機児童を解消し、保育士の処遇改善を図っていくか?

2、今後の本県の公文書の取り扱いのあり方をどう考えているか?
  また、公文書の適切な取り扱いを確保するため、どのように職員の育成や指導を進めるか?

3、東海第二原発が今後、全ての検査を終え、国や原電から再稼働の申請があった場合に、県や近隣市町村の意見は、東海第二原発の再稼働の対応にどのように反映されていくのか?

4、県は全国学力・学習状況調査をどのように捉えているか?
  またどのように活用させていくのか?
以上の項目について質問いたしました。
笠間市にある「茨城県動物指導センタ-」を視察し、「茨城県における動物愛護の取り組みについて」伺いました。

笠間市にあるこのセンタ-は、昭和54年6月に設立されました。当初保健所に収容された犬・猫の収集促進、殺処分業務を担当、その後昭和62年4月から保健所で担当していた動物指導業務(犬の捕獲、犬目この引取納車業務等)をこのセンタ-に一元集約化しました。

組織は、センタ-長をトップに、管理課、保護指導課、愛護推進課があり、職員37名(正職員24名、嘱託職員13名)で事務職9名、獣医師10名、動物看護士2名、現業職16名です。

主な業務内容は、犬・猫等による苦情、相談対応、犬・猫等の適正飼養啓発、指導、犬及び猫の引取、野犬等の捕獲収容、収用犬・猫の管理、処分、動物愛護に係る啓発、犬・猫の譲渡業務などで、その業務も動物の管理(野犬等捕獲、事故防止等)から、動物の愛護(適正飼養啓発、譲渡等)へと役割を変えつつあります。

茨城県は、「茨城県犬猫殺処分ゼロを目指す条例」の制定後、それまでの施策に加え犬猫殺処分ゼロを目指すプロジェクト事業に取り組んだ結果、平成29年度の殺処分頭数は前年度と比較して、犬では約45%減の338頭、猫では約78%減の375頭と大幅に減少しています。

茨城県の目指す犬猫殺処分ゼロの為には、収容頭数の削減、飼い主への返頭頭数の拡大、譲渡の推進を進めていかなければなりません。そのため県では、飼い主への返還頭数増加の取り組みとして、センタ-ホ-ムペ-ジへ写真入りの公示、その公示期間を4日から7日へ延長、市町村、保健所への公示情報の掲示等の協力依頼を行っています。

また収容した犬や猫の譲渡推進は、ボランテイア団体への譲渡の促進、譲渡する犬猫へのワクチン接種等の実施、譲渡に適した動物収容棟への改修に取組んでいます。

動物愛護・適正飼養の啓発では、動物愛護月間(9月)事業の実施、センタ-施設見学、小学生に対する「動物ふれあい教室」、中学生に対する「いのちの教室」の取り組みを実施しています。

臨時議会

昨年の県議選から初めての臨時議会が開催されました。
今年の議長と副議長を決める選挙が行われ、共にいばらき自民党の川津隆議長、福地源一郎副議長が選ばれました。

また、議会運営委員会と常任委員会、情報委員会の正副委員長ならびに委員が決められました。私は議会運営委員会の委員と、常任委員会は前年に引き続き保健福祉医療委員会になりました。

第一回定例県議会が、2月27日から始まります。私は一般質問に登壇予定です。
これで今期の議員活動の始まりです。皆さん宜しくお願いいたします!

農業委員会新年会

取手市農業委員会の新年会に参加しました。

7日の初登庁の時に、倉持農業委員長からお誘い頂き、中村県議と共に初めて参加しました。

取手市農業委員、推進委員の皆さんや事務局とで20名と、来賓の藤井市長、野口副市長、入江議長、岩沢議員と私達で始まりました。

農業委員、推進委員の任期は4年で、今期は残り3カ月の今年度末までになるそうです。

今日本の農業の現状は、担い手の高齢化や人材不足、耕作放棄地の増加など大変厳しい状況です。また近年の台風や豪雨による農作物への水害・塩害、天候の高温など自然災害により大きな被害が出ています。

昨年の台風24号により、茨城県でも農作物のネギやレタス、サニーレタス、白菜などに約6億円、農業用施設に約5億円、合計11億円を超す被害が出ています。

農業委員の皆さんには、是非とも市内に農家の農業経営を応援いただき、儲かる農業を進めて頂きたいと思います!

本日13時30分からウエルネスプラザで、取手市新春賀詞交歓会が開催されました。

幕開けは、聖徳大学付属取手聖徳女子中学校・高等学校筝曲部による、「F.L.Y」という曲がお琴と三味線で演奏されました。

主催者あいさつの後、春と秋の叙勲・褒章を受章者紹介と記念品の贈呈、そして取手市表彰条例に基づく表彰された皆さんが紹介されました。

倉持農業委員長の乾杯に引き続き懇親会に入り、知り合いの皆さんに挨拶させていただきました。

初登庁

明日はいよいよ初登庁になります。

9時から議会棟の2階で議員バッジを付けてもらい、議員控え室に入ります。
顔写真を撮り、今年の常任委員会の希望を出す予定です。

8年前初めて当選したときは、全てが初めてでドキドキしていたのを思い出します。

WINTERCUP 2018

バスケットボールの全国大会「WINTERCUP 2018」に出場した県立取手第二高等学校の応援に、調布の武蔵野の森総合スポーツプラザに観にいきました。

初出場の高校バスケットボールWINTERCUP 2018に取手第二の生徒やOB、父兄が大勢応援に駆けつけていました。

試合は15時40分に始まりました。出だし相手高校にリードを奪われ苦しい立ち上がりでした。第二クオーターの猛反撃で追い上げましたがもう一歩の所で追いつけず、そのまま中々得点差を詰めることが出来ず残念ながら惜敗しました。

久しぶりに取手第二バスケットボール部の試合を観ましたが、我を忘れて大きな声で声援を送って非常に楽しかったです。破れはしましたが、大きな感動をありがとうございました。取手第二バスケットボール部の選手の皆さんに感謝!感謝!です。お疲れさまでした!!

アイテム

  • delete.png
  • 10230000210.jpg
  • 取手二高.jpg
  • 第5傍聴.jpg
  • koukako.jpg
  • simoyama.jpg
  • 立志式mini.jpg
  • 白山開所式.jpg
  • 博物館に初詣.jpg
  • basukettos.jpg

タグクラウド

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ